MARTA KLONOWSKA

富山市ガラス美術館 「マルタ・クロノフスカ 不思議ないきもの」

📍富山市ガラス美術館

マルタ・クロノフスカの日本で最初の個展が富山市で行われた。名画の中の動物や靴を題材に製作する作家です。

展覧会会場の入り口で、「刺繍をするように」という言葉があり、誰が書いた言葉なのかが気になりました。

  • クロノフスカがよくそのように語られる言葉なのか
  • クロノフスカの言葉なのか
  • ガラス美術館の言葉なのか

監視の方が館に問い合わせて下さり、学芸員の浅田さんという方の言葉だということが分かりました。
とても良い言葉だな〜と思いました。ガラスというものは、壊れやすいものでもあるけど、壊れて破片になったら、今度は凶器になるものなので、刺繍という言葉を使うことで、その柔らかさとサディステックな部分の両方を紹介できているような。名画を引用することで、色っぽい感じも出てると思います。また、動物だけではなく靴も作っているところに、ぐっと興味を惹かれました。ガラス破片で作られた靴って、危なっかしくて色っぽいですよね。「不思議ないきもの」というタイトルは、市民向けのタイトルだとは思いますが、靴もあるのだから、ちょっとクロノフスカの表面の部分をさらっとつまむくらいのタイトルでしかなくて、展覧会名としては、自分の首をしめるようなタイトルだと思います。作家名だけで大丈夫でしょう、まあ、そしたら市民が来ないという思いがあるのかも。

あと、クロノフスカへの批判としては、一色刷りはどうなんだろう。汚く見えるし、名画の製作者の意図と逸れてるので、ちょっと傲慢な感じさえします。

写真は、 クロノフスカの『庭園の犬(トマス・イエペスによる)』という作品でした。

Garden View with a dog after Thomas Yepes 2014

I feel refer to the “after” the traditional painting, it causes the elegant mood. I found the word “kind of Embroidery” by the curator Ms. Asada is great. #martaklonowska