アメリカ紀行

『アメリカ紀行』小説のように読んだ。梨木香歩さんの『春になったら~』のようなリズム感。共感ではない形の、無関係な入れ替わり体験のようなことについて書かれたところが特に印象に残った。また、正しさのパッケージについてや地鎮のような礼儀についても。最後の章の特殊なリズムも。