地球に散りばめられて

地球にちりばめられて

地球にちりばめられて

言語学を学ぶ学生のクヌートが、デンマークでテレビ番組に出ていた「自分で作った言語を話す」Hirukoに会い、旅をする話。Hirukoの言葉は、誰もがふと理解できてしまうようにできていて、そのこと自体がファンタジーのような要素を与えている。

Hirukoの故郷は日本を想起させ、未来がたくましい想像力によって描かれているので、この、勝手に今の動きづらい、変わることの想像すらできないような現在が、こんな風に変わるかもしれないというわくわく感がある。 

「行動力のある言語」という感じがする。演劇で、言語によって空間が立ち上がる時を見るような力。

とても面白かった。

ディスタント

ディスタント

ディスタント

📘の紹介 「ディスタント」の中の『アメリカの風景』

①那覇や大阪や夢の中の風景。それは、目まぐるしく変わる、[動く風景]。過去を語っていくようでいて、会話では今行われているように語られるので「今向き合っているかのように」あるいは「現実に引き戻される」、浮遊した心地にさせられる。

②自分が見た風景だけではなく、動く風景、例えば、父の見た風景も見るように、ぽつりぽつりと語られる。でも止まらない列車のように話は進む。

③1日の中で色々なことをする主人公。当然、ミヤギさんに重ね合わせて読む…、けど、色々と混ぜてあるはず。勝手に「絶望」する。過去への後悔の感覚。「反省」ではない。なぜなら、もう一度行われることは永遠にないから。未来のない、改善しようのないものは反省出来ない。

④だけど、取り返しがつかないことを経てからしか、「そんなこと考えても仕方ない」と自分をなだめすかす技術は培われないし、相手の見る風景を想像する力も伴わないのだろう。大人になって手に入れた技術を、子供の時に使えていたらいいのに。(でも、それなら使わなくてもいいのだ)

アメリカ紀行

『アメリカ紀行』小説のように読んだ。梨木香歩さんの『春になったら~』のようなリズム感。共感ではない形の、無関係な入れ替わり体験のようなことについて書かれたところが特に印象に残った。また、正しさのパッケージについてや地鎮のような礼儀についても。最後の章の特殊なリズムも。

thegirlcalledjustice

学園生活を送るJustice.
彼女は他の子とちょっと違う、クレバーで時に大胆不敵な女の子
Highbury Houseは良家の子達のための寄宿舎で、ルールが多くてめんどくさい…
そんな単調な日常の中に、恐ろしい殺人が!
一体誰が?
Justiceの観察眼によって、ファンタジックなミステリーが解き明かされる…
殺人犯を見つけるため、Justiceは新しい友人の手助けを求める…

↑あらすじはこんなかんじ。ファンタジーみもありつつ、学校の窮屈さを描くで筆がのっててうける。どこで筆がのってるかってのも読むときに面白い要素。

LOCAST

声がミニマム

福生についてを読んで

みなみしまさんの、「地元を観光するために」というのを読んで
「迷子」が面白いと思ったのですが、基本的に福生で生まれた彼が、福生を再度観光することは可能か、というですね、しかも、他人の欲望のため(つまり地方創世てきなビジネスに参じるためではなくて、ただただ、観光を楽しめるのかと。)

「家の中で迷子になる」ということについて、坂口恭平さんを引用して、(このページの写真も良いんですが)論じているんですが、「観光は、迷子にならないと観光じゃない」ということは、私も観光業に携わりながら、そう思います。

片付け

たぶん、家の中で迷子とかけながら、旅と片付けが似ているという前提で、話が展開していくんですが。

  • 地元は家みたいなもの
  • 観光は迷子になること
  • 家の中で迷子になることが観光をすることのヒントになる
  • 旅の間に出会うものは、過去と結びつくことがある
  • 他人と一緒に旅をすると、他人はいろんな過去を持っているので、自分とは違う過去に結びつくことがある
  • (ところで)旅と片付けは似ている
  • 「片付け」は、『自分の手で片付けるべきだ』というのが、セオリーである(→一見、否定しづらい)(ミニマリスト(アートではなく生活のほうの)のツイッターでは、自分の手で片付けるべきというのの否定意見は私の観測範囲ではみたことないです)
  • しかし、ここで、片付けを他人の手によって行ってもらう
  • そうすると、家の中で迷子になることができる
  • そのように地元を観光すると、地元を観光することができる

ということで、私はみなみしまさんは地元を観光できたんじゃないかな、と思ったわけです。

拒否

ここで、私が思ったのは、しかし、地元が家であるならば、「ここは開けないでくれ」と言ったような「拒否」が起こるんじゃないかな、と思ったんですね。だから、地元を観光することは可能だけど、実は、「みなみしまくんの同行者」にとって、もっと深い体験を提供するには、「みなみしまくんのような地元の人」と共に観光するという体験の中には、「強烈に拒否られてる場所、磁場」とかが、あらわになってくるわけで、見せたくないような場所を完全に避けながらガイドされているなあってことをつかめると、より一層、ディープな所にいけるのかな、と思います。地元をガイドすることは、ボランティアガイドさんとかではよくありますね。「地元を観光する」の次は、「地元で観光したくないところを避けてガイドされている」ことに、「気づく」とかが、面白そうだな、と思っています。

82年生まれ、キム・ジヨン

「82年生まれ、キム・ジヨン」

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

冒頭から15分で、わっと泣き出してしまいそうになった。

幼少〜小学生

小さいころから、自分でも気づかない間に、女性は当たり前に、小さくいろいろなものを損なわれている。

それが当たり前で、みんなそうで、あの頃はみんなそうだったから。

周りの男性は、ひどい時もあるが、基本は寄り添ってくれて、間違えて怒った先生も、「気づかずに怒ってすまない、なにかしてほしいことはあるか」と優しく言ってくれて、心がほどけるのだが、追い打ちをかけるように、「でもあいつはお前が好きなんだよ」と、こちらでは理解できないことを言う。

なぜ、精神的に未熟な男の子のために、女の子は損なわれなければいけないのかを、ずっと諦めていたのかもしれないけど、いくつになっても、未熟さによって、誰かが損なわれるべきではないと、本当に思った。何歳になっても、問題は複雑さを極めていくだけで、ジェンダーイコールについてを、みんな、小説の中ではじっと聞けるのかもしれない。少なくとも、この本が「売れてる」ということが、これから、大きな力になっていきそうに思う。 

就活

出てくる誰もが優しくて報われない

女性やなんらかの弱い立場にたつ人であれば、必ず感じたことのある矛盾と悔しさのエピソードに溢れているのに、直接的にえぐるというよりは、やわらかい眼差しで整理していく。
出てくる(男性含め)登場人物は、主人公に意地悪なわけじゃない。嫌な人はいない。だけど、ガラスの天井と、出口のない迷路にぽつんと取り残される。ジェンダーイコールの問題は、マジョリティv.s.マイノリティではない。敵は、どうしようもない「慣習」であり、慣習は私たちのアイデンティティに深く結びついている為、本当に事態は複雑なのだと思う。

ラスト

後味を悪くするのは、本当に「正しい」と思った。

全体的に

読んでいる間中、ほんとうに胸がつまる思いで、そうだそうだそうなんだよ、と思いつつ、小説の語りの「カタルシス」に救われる思いもあった。

あと、私の夫は「家事を手伝う」とは絶対に言わない。こういう、「これを言うと他人が損なわれてしまう言葉」も学べるので便利。彼も、「手伝う」と言ってはいけない理由を、私に出会う前に学んだのだと思うので、かなり意識的に、言わないし、言っている人をたしなめるが、知らなければ、または、そのようなものを深く理解していなければ、言ってしまうと思う。

私自身、知らぬまま、誰かを損なうことがあると思う。私はたまたま女性に生まれただけで、きっと、もっと違う人たちを傷つけてしまっているのではないか、私は、本当に初心にかえらなければならないと思う。

(電車の中で、「そんな腹になるまで地下鉄に乗って働くような人が、何で子どもなんか産むのさ」と言った女の子は、形を変えた私だと思う、そういうことを本当に思っているわけじゃないんだけど、そういう権化になってしまう恐れを、私は抱えている、そうさせたのは、様々な仕組みだということは理解しているけど、まだ、逃げきれていない。)